安心・安全な出会い系アプリ解説

ワクワクDBの登録方法とID検索機能を知って攻略法をつかむ!

ワクワクDBの登録方法とID検索機能を知って攻略法をつかむ!

ワクワクDBとは優良出会い系サイト「ワクワクメール」の裏サイトで、気になる女性のIDを入れることによって、その女性が素人か業者か援交かが確認できます。

ワクワクメールだけでは素人か判断できない出来ない場合に非常に役に立つワクワクDB。

他の方が入力した口コミ情報をたくさん閲覧できます。

ワクワクDBを使ってみたい方に登録方法とID検索機能の使い方を紹介します。上手く使いこなして、素人の女性を見分けていきましょう。

ワクワクDBの登録方法とID検索機能で見分ける方法

ワクワクDBの登録方法とID検索機能で見分ける方法

ワクワクDBの仕組みや登録方法、ID検索機能の使い方を紹介します。ワクワクメールを使っている方ならワクワクDBを使ってみると必ず役に立つことでしょう。

ワクワクDBで女性の情報が丸わかり

ワクワクDB(データベース)とは2011年に作成された、ワクワクメールの個人情報を閲覧できる非公式のサイト、データベースになります。

ワクワクメールの公式サイトとは全く関係がなく、一般の人が作った裏サイトです。

メールのやり取りをする際に相手の口コミ情報を見て、業者やキャッシュバッカー、割り切り、素人の判断が可能。

・関連ページ >>出会い系に潜むキャッシュバッカーとは?見分け方と対策を解説
主に以下のような情報を知ることができます。

  • 特定ユーザーの登録情報
  • ワクワクメールで女性と会ってみた感想
  • メールのやり取りから業者や割り切りなどを判断する口コミ
  • その他攻略法などのアドバイス

サクラはそもそも運営側が用意していないため存在していません。

最近では援デリ業者などが推したい女性をわざと良い評判を書いていたり、他の男性が特定の女性を取られないようにわざと悪く書いたりすることもあります。

そのため、ワクワクDBを利用する際はあくまで参考にする程度に留めておいた方が良いでしょう。

以前はハッピーメールの裏サイト「ハピメDB」もありましたが、今では無くなっています。いずれはワクワクDBも無くなるかもしれませんので、今のうちに使っておくのもいいですね。

ワクワクDBはワクワクメール初心者の人でも使えますが、どちらかと言うとある程度慣れた人の方が書き込む情報もありますし、書き込まれた情報から判断がつきやすいです。

ワクワクDBの仕組みはユーザー同士の情報交換

ワクワクDBはワクワクメールの会員番号を入力することで、特定の会員の個人情報を閲覧できる仕組みになっています。

閲覧できる個人情報は以下の通りです。

  • ID
  • 年齢
  • スタイル
  • バスト
  • 都道府県
  • 場所
  • 年月
  • 会っていた時間
  • コメント

ID検索をして登録されていない場合は、自分で新規に登録できます。登録したい相手のプロフィールや口コミ情報を入力することによって、他の人も閲覧できる状態になります。

つまり、ワクワクDBは非公式のためワクワクメールとは連動しておらず、ワクワクメールを使っているユーザー自身の手によって、情報のデータベースが出来上がっていく仕組み。

そのため、お互いに有益な情報を載せれば載せるほど、相手のためにもなりますし、自分も情報を得て活かすことができます。

地雷女性の情報などは教える人は多いですが、良い女性の情報は普通の人であれば教えません。

たまに「会えました」などの有益な情報を載せている親切な人もいますので、参考にしてみましょう。

ワクワクDBの登録方法

ワクワクDBのサイトにアクセス後、「ユーザー登録」を押して、以下の必要事項を入力する必要があります。

  • ユーザーID
  • パスワード
  • メールアドレス
  • お名前
  • 性別
  • 年齢
  • 都道府県

ユーザーID、パスワードは他の人と被らなければ自由に設定できます。

名前は任意に入力、年齢や都道府県もしっかり自分に当てはまるものを選びましょう。

性別は男性で設定すれば女性のデータベース、女性で登録した場合は男性のデータベースが見れるようになっています。

メールアドレスはワクワクDBからメールが来てもいいアドレスを選んで、必要事項を記入したら、「確認」を押します。

すると、メールアドレス宛にワクワクDBより入力事項の確認メールが届きますので、ユーザー本登録URLから1日以内に本登録を完了させてください。

以上でワクワクDBの登録は完了です。

ワクワクDBの登録と利用は無料ですが、5件の情報を提供しないと検索した情報が無制限に見れないようになっています。

また、ワクワクDBのデータベースに書込みできる相手は異性のみで、男性で登録した場合は女性の情報しか書き込めません。

再びログインする際は登録時に設定した「ユーザーID」と「パスワード」を入力して「ログイン」します。

ワクワクDBの情報は確実とは言い切れない

ワクワクDBは使う価値はありますが、安全なサイトとは言い切れません。なぜなら、非公式であるために嘘の情報も混在していることが多いにあり得るからです。

業者ではないのに、業者と嘘をついて他のライバルを退けさせようとしたり、業者自らが評判を上げることだってあります。嘘か本当かが分からないという点で、トラブルに巻き込まれる危険性が高いです。

しかしながら、あくまで参考程度に使ったり、嘘の情報を提供しないようにしたりと、正しく使えれば、特にトラブルになるようなこともありません。

安全なサイトではありませんが、十分な有益な情報を得られる場合もありますので、情報を鵜呑みにせずに正しく利用しましょう。

ワクワクDBの退会方法

ワクワクDBはマイページの「退会」から「退会する」を押すだけで簡単に退会可能です。
退会手続きをすると復帰はできないと記載されていますのでデータは登録した完全に削除されてしまいます。

ワクワクDBを今後も使わないという場合に退会手続きを取りましょう。

ワクワクDBのID検索機能の使い方

ワクワクDBのID検索機能の使い方

ワクワクDBのサイトにアクセス後、「新ID検索」から検索できます。わくわくDBのID検索機能の使い方は、会員番号=IDを打ち込むだけです。

以前はIDがプロフィールに記載されていたのですが、現在のワクワクメールではプロフィールのIDが非表示になっています。

よって、プロフィールにアクセスしたときのURL、「/profile/〇〇」で確認しましょう。
profileの後の〇〇の部分、8桁を打ち込んで検索します。

「rid=〇〇」とある場合は「rid=」以降がIDで、httpsのURLをそのまま打ち込んでも検索できます。

URLはアプリでは確認不可能ですので、必ずブラウザの方からワクワクメールにログインして確認しましょう。

ちなみにパソコンの方がURLを確認しやすいですが、スマホでも大丈夫です。

5件登録後はID検索を無制限に使えたり、満足度が参照でき、登録日時と登録元が参照できるようになります。

登録件数が10件、50件、100件に達するとそれぞれで特典が受けられます。

  • 10件の場合はID検索ランキング(月別)と、IDメモ機能。
  • 50件の場合はID検索リンク機能。
  • 100件になると新着データを1日に5件参照できるようになります。

情報を登録したい場合は「新ID新規入力」からIDや満足度、業者判定、コメントなどの情報を入力。

コメント部分にて割り切りの女性か業者かなどの情報を書いておくといいですね。登録したデータは「新登録データ確認」から確認。

特定の相手の情報が欲しいなら、情報要望掲示板に投稿したり、回答したりできます。それでも、もっと確実な情報が欲しい場合は、ワクワクメールのプラチナクラスになった方がいいでしょう。

10万円課金しないといけませんが、極秘情報が表示されるようになりますので、業者も簡単に見分けられるようになります。

入力時の注意点

入力時の注意点は以下の3つです。

  • 嘘の情報を書かない
  • 誹謗中傷もNG
  • 他の人のためになる情報を提供する

ワクワクDBに登録したばかりの人はID検索が無制限に使えるようになるために、情報提供として5件の情報を登録しなければなりません。

相手と会ってなくても、LINE交換を渋られたとか、割り切りを迫られたなどでも大丈夫です。返事の内容を元に「業者っぽい」「地雷女性だった」などの情報でも十分他の人の役に立ちます。

簡単に役に立ちそうな情報を書き込むだけでいいので、5件分は楽々突破できそうですね。

ただ、業者の特徴などを知っている前提で、こういった情報が提供できますので、やはり初心者が使うというよりはワクワクメールに慣れた中級者~上級者の方が利用しやすいです。

また、書き込むのは割り切りや業者などのユーザーだけにしましょう。普通に会えてエッチもできたという素人の女性であれば、何も問題ありませんので、わざわざ書き込む必要はありません。

あくまでも騙そうとしてくる悪質なユーザーの情報を書くようにしましょう。情報を提供するのであれば、嘘の情報や誹謗中傷も書いてはなりません。

ワクワクDBの書込みのおかげで騙されずに済めば、他の人の書込みに感謝できますね。

ワクワクDBの登録方法とID検索機能の使い方まとめ

ワクワクDBの登録方法とID検索機能の使い方まとめ

ワクワクDBはワクワクメールをしている人のために、会員の情報が他の人の口コミによって分かる非公式のサイト。

簡単に登録できますし無料で利用できますが、初心者の方よりもワクワクメールを使い慣れている方のほうがおすすめです。

割り切りや業者である判断をする際に大いに役に立つワクワクDBですが、利用する際は嘘の情報や誹謗中傷を書かないように気を付けましょう。

書込みにある情報が全て真実であるとは言い難いので、慣れている方はあくまで参考程度にワクワクDBを利用したほうがいいですね。

初心者はワクワクメールで実際に割り切りや業者の判別ができるようになってから、ワクワクDBで情報提供しましょう。




ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>


関連記事