恋愛即マンテク

セカンドパートナーとは?キスしたり手を繋いだり、どこまでできる?

セカンドパートナーとは?キスしたり手を繋いだり、どこまでできる?

近年、時代の変化とともに新しい関係性が生まれています。その一つに挙げられるのがセカンドパートナーという新しい関係。

大多数はその言葉の意味を知らない方が多いのではないでしょうか?

今回は、この「セカンドパートナー」という関係にフォーカスを当てて、セカンドバートナーとは何か?という点からメリット・デメリット、どんなことをして過ごすのか等について解説致します。

この記事を読んで頂ければ、「セカンドパートナー」という関係性を知り、自身のライフスタイルにも導入することも可能です。

是非、最後までご覧下さい。

【当サイト】今月・先月の登録者数ランキング
今月の出会いサイト・アプリランキング

セカンドパートナーとは?

セカンドパートナーとは?

配偶者との関係では満たせない欲求を補うセカンドパートナーとは、配偶者との関係では満たせない欲求を満たす関係こと。

例えば結婚生活が長ければ、結婚前の新鮮なデートをしてる時の気持ちは薄れていくもの。

そのようなときめきを感じる為にセカンドパートナーとデートをすることもあるのです。

また、配偶者との関係が上手く行かない時の愚痴を聞いてくれたりと、あくまで配偶者との関係のバランスを取る為に、セカンドパートナーという関係が存在しています。

セカンドパートナーとは原則、肉体関係は存在しない

セカンドパートナーはあくまで「配偶者との生活を良くしていく」ことが目的。その為、セカンドパートナーと肉体関係を持ってしまい、配偶者よりも愛情を強く持ってしまった場合は、セカンドパートナーを超えて、不倫になってしまいます。

また肉体関係を持ってしまうと不貞関係とみなされて、離婚の原因にも。

あくまで配偶者との生活を良くする為の関係性のため、セカンドパートナーとの肉体関係は存在してはなりません。
不倫とセカンドパートナーは近いようで、意味合いは全く違うことだけは覚えておきましょう。

セカンドパートナーを持つメリット

セカンドパートナーを持つメリット

生活のバランスを取りやすい

配偶者と過ごす時間は大切ですが、その時間があまりにも長すぎたり、思い入れが強すぎると、浮気などのネガティブな出来事が起きた時に感情が振り回されやすくなります。

セカンドパートナーを持つことで依存先を分散させることで、感情を安定させることが出来るのがメリットと言えるでしょう。

毎日を新鮮に過ごせる

配偶者と全く違う性格の異性と過ごすことで、新しい趣味嗜好なども見つけることが出来ます。その為、より沢山の趣味を持つこともあるでしょう。日常生活に幅を持たせる為にも、セカンドパートナーを持つメリットは大きくあるでしょう。

愚痴を聞いてもらえる

配偶者だけと過ごす時間が濃すぎると、愚痴を言いたくなる場面で、その愚痴を吐き出せる場所がありません。そんな不満が少しづつ蓄積されていくと喧嘩や浮気などに繋がりかねません。

そんな時に愚痴を聞いてくれるセカンドパートナーが居ると、不満などを吐き出してリセットすることが出来ます。友達以上恋人未満という遠くなく近い関係性であるからこそ、より安心感を感じることが出来るでしょう。

セカンドパートナーを持つデメリット

セカンドパートナーを持つデメリット

周囲の理解を得づらい

日本の社会において、結婚しているのに他の異性とデートしたり、カフェで話したりしていると配偶者側は良い思いをしません。配偶者との関係を良くする為の関係であることが、相手には理解されづらいのが実情と言えるでしょう。

セカンドパートナーの関係を作るのも大変

セカンドパートナーという関係性も最近になって広まってきた言葉であり、多くの人に理解されづらいのが現状です。

恋愛関係ではない「セカンドパートナー」を受け入れてくれる人は、かなり少ないと言えるでしょう。

また最初は「セカンドパートナー」という関係性でも、時間が経つに連れて恋愛関係が生まれ不倫に繋がることがほとんど。このような理由から、セカンドパートナーという関係性を作るのは容易ではありません。

セカンドパートナーがきっかけで離婚も!?

セカンドパートナーという関係が安定して保たれたとしても、セカンドパートナーと過ごす時間が配偶者にバレてしまった場合は、離婚に繋がることも珍しくありません。

どんなに「配偶者との時間をより良いものにしたい」という思いがあっても、聞き入れて貰えない場合がほとんどでしょう。

このような部分も、セカンドパートナーという関係の難しい部分と言えます。

セカンドパートナーとの過ごし方

セカンドパートナーとの過ごし方

デートをする

あくまでも配偶者と過ごす時間が長過ぎて精神的に疲れを感じた時に、セカンドパートナーとデートをして気持ちをスッキリさせる場合も。配偶者を超える恋愛感情は存在せず、あくまでリフレッシュ、気分転換などが根底にあります。

電話で愚痴などを話す

配偶者と喧嘩をしたり、日々の生活の中で不満に思う点も多く出てきます。そんな感情を吐き出す場所として、セカンドパートナーの存在は大きいと言えるでしょう。

配偶者と自分の1対1の関係での言い合いでは、何が正しくて何が悪いのか分からない場合もあります。そんな時に、あくまで第三者のセカンドパートナーの意見はとても心強いと言えるでしょう。

キス・抱擁などまではOKとする場合も!?

あくまで結婚生活では味わえないピュアな気持ちを味わいたいという目的から、キス・抱擁まではOKとするセカンドパートナーも関係性によってはあります。

ピュアな気持ちを取り戻すことで、結婚生活にハリを持たせるという目的であれば問題ないでしょう。関係性の部分は、セカンドパートナーとしっかりと話し合った上で決めることが大切です。

セカンドパートナーを見つける方法を紹介

セカンドパートナーを見つける方法を紹介

自分の友人から見つける

自分の友達から探す方法です。しかし、横のつながりで知り合いに情報が出回る可能性があり、おすすめ出来ません。

マッチングサイトから見つける

出会い系サイト・マッチングサイトであれば「セカンドパートナー」という目的を提示することで、理想のセカンドパートナーを見つけることが出来るでしょう。

セカンドパートナーを見つけて、人生にハリを持たせよう!

セカンドパートナーを見つけて、人生にハリを持たせよう!

いかがでしたでしょうか?今回は、セカンドパートナーの概要からメリット・デメリットなどを解説致しました。

セカンドパートナーはあくまで、お互いに相手に対する依存心が強くないことが大切。個人で事業を行なっていたり、ひとりでもどんどん行動出来る人などには理解されやすい傾向にあります。

結婚生活はどうしても、配偶者と家族との時間が濃くなってしまいがち。どうしても起きた問題によって感情が大きくブレてしまいます。

そのような意味でも、セカンドパートナーという関係は感情を安定させる為にとても大切と言えるでしょう。配偶者との結婚生活のバランスを取るために、セカンドパートナーという関係性を考えるのもいかがでしょうか?

この記事が、セカンドパートナーという関係性に興味がある方の、一つの参考になれば幸いです。

【当サイト】今月・先月の登録者数ランキング
※全て無料から試せるところだけです【女性は完全無料】

1位 ミントC!Jメール(3,357人登録)

ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>

2位 PCMAX(2,576人登録)

PCMAXを試してみる(18禁) >>

3位 ワクワクメール(2,113人登録)

ワクワクメールを試してみる(18禁) >>

4位 メルパラ(1,736人登録)

メルパラを試してみる(18禁) >>

5位 ASOBO(1,371人登録)

ASOBOを試してみる(18禁) >>

番外 【定額制】ラブサーチ(1,273人登録)

ラブサーチを使ってみる(18禁) >>