安心・安全な出会い系アプリ解説

Pairsのメッセージが開封されるものの続かない。そんな場合に見る対策とコツ

Pairsのメッセージが開封されるものの続かない。そんな場合に見る対策とコツ

Pairsを使っていて、開封はされるけどメッセージが続かないという方はコツを知らないだけです。

メッセージはPairsにおいて相手と連絡を取る唯一の方法なので、メッセージが続かなければ仲を深めることもデートの約束をすることもできません。

少しのコツを知るだけで返事が返ってくるメッセージを作る事ができるので、具体例を交えて丁寧に解説していきます。

Pairsでメッセージを送る前に必要な3つのポイント

Pairsでメッセージを送る前に必要な3つのポイント

マッチングした場合、相手はメッセージの内容だけで、返事をするかどうか決めるわけではありません。

こちらの写真、プロフィール、コミュニティを確認した上で、返事をするかどうか決めます。メッセージを送る際には、以下のポイントをチェックしましょう。

写真を充実させる

自分の写真は、かならず3枚以上掲載しましょう。3枚以上掲載することで、正確に自分の人となりを伝えることができます。返信する側にとって相手がどんな人なのかわからなければ、返事を書く気にはなれません。

設定する上でおすすめの写真は、笑顔の写真、全身の写真、趣味に打ち込んでいる写真です。このうち、笑顔の写真をメイン写真に設定しましょう。

メイン写真はアイコンにもなるので、笑顔の写真に設定していると、相手にさわやかな印象を与えることができます。

プロフィールはすべて埋める

プロフィールが埋まっていなかったり、自己紹介文が書かれていなかったりすると、相手に不信感を与えてしまいかねません。すべての項目を埋めて、自己紹介文もきっちり書いておきましょう。

自己紹介文は例文を使わずに、自分の言葉で書くことをおすすめします。例文は多くの方が使用しているため、相手に自分の印象を残すことができないからです。

プロフィールの編集画面で、同性人気会員のプロフィールを閲覧することができるので、構成や書き方等を参考にしましょう。

・関連ページ >>タップルサクラの見分け方!画像やプロフィールをよく見よう!

コミュニティに20個以上入る

コミュニティに入ることで、自分の趣味、特技、価値観等を、相手に伝えることができます。返信する側にとって、メッセージを送ってきた人が、自分と同じ趣味、特技、価値観等を持っているとわかれば、共通点を感じて返事をしやすくなります。

コミュニティへの参加は多ければ多いほど良いですが、適当に入ることはおすすめできません。コミュニティの内容を確認して、自分に合ったものを選びましょう。

Pairsの相手から返事が来ない4つの理由

Pairsの相手から返事が来ない4つの理由

Pairsでのやりとりは、LINEやSNSのダイレクトメッセージと違う性質を持ちます。そのことを知っておかなければ、相手にプレッシャーを与えてしまったり、不快な気持ちにさせてしまったりする可能性があります。

ここでは相手から返事が来ない理由を4つ紹介しますので、自分の状況と照らし合わせて参考にしてみてください。

・関連ページ >>脈なし女性の反応とサイン、諦めるか、落とすか?作戦が大切

相手が忙しい

返事が来ない理由としてもっとも多いのが、『相手が忙しい』というものでしょう。Pairsでは、人気会員にもなれば1日100件以上『いいね!』が届きます。相手が律儀な性格で、すべての方に返事をしていると考えたら、一人ひとりに返すメッセージが非常に遅くなります。

もし相手が人気会員である場合、じっと待ちましょう。返事を急かすようなメッセージは、相手にプレッシャーを与えてしまうので逆効果です。

別の方と関係が進展した

Pairsでは、複数の異性とやりとりするのが当たり前です。しかし、交際に発展するのは、そのうちの一人です。交際相手が決まってしまった場合や決まりそうな場合、他の方にはメッセージが返されなくなってしまいます。

交際相手が決まってしまった場合は、諦めるしかありません。素直に相手の幸せを祝福しましょう。

不快なことを言ってしまった

Pairsでは、メッセージを削除することができません。そのため、不快なことを言ってしまうと、確実に返事が来なくなってしまいます。

直前のメッセージを見返してみましょう。相手に不快な気持ちにさせてしまったかも、と感じるのであれば、心を込めて謝罪のメッセージを送ってください。

間違えてマッチングした

Pairsでは、マッチングを取り消すことができません。とくに登録したてのユーザーであれば、使い方がわからずに『いいねありがとう』してしまう可能性もあります。

初回のメッセージで返事が来ない場合は、相手が初心者かどうかチェックしましょう。初心者であれば、間違えてマッチングした可能性があります。

・関連ページ >>ペアーズでのヤリモク攻略法!どんな女性に近づくべきか

 

Pairsで相手からの返信率を上げる3つの方法

Pairsで相手からの返信率を上げる3つの方法

メッセージは対面と違い、相手との会話を簡単に断ち切ってしまうことができます。そのため、コツを知らなければ、すぐに返事が来なくなってしまう可能性もあります。

ここでは返信率を上げるためのコツを3つ紹介します。誰でも簡単に実践することができますので、ぜひ参考にしてみてください。

質問を盛り込む

メッセージに質問を盛り込むことで、返信率が高くなります。質問をすると、相手に「興味を持ってくれているんだな」と思わせることができるからです。

質問は、相手が「YES」、「NO」で答えられるよう工夫しましょう。「YES」、「NO」で答えられる質問のほうが、相手にとって返事をしやすいからです。

たとえば休みを聞く際も、「休みはいつ?」ではなく「休みは土日?」と聞いたほうが、相手は答えやすいため、返信率が高くなります。

相手の話しやすいテーマで話す

メッセージの返信率を上げるために、会話のテーマは相手が話しやすいものを選びましょう。相手のプロフィールを読んだり、コミュニティを確認したりすることで、テーマを見つけることができます。

この場合、きっかけを聞くことで、相手との会話を盛り上げることができます。誰でも、自分の趣味や好きなことを相手に伝えたいと思うはずだからです。

相手が旅行好きなら、「昔から旅行好きなんですか?」や、「旅行好きになったのはきっかけがあるんですか?」と聞くと、返信率が上がります。

デートに誘う

デートに誘うと、共通の約束が生まれます。そのため、途中でメッセージが途切れることはほとんどないと言えるでしょう。

ただし、いきなり誘うのはおすすめできません。デートに誘うタイミングは、マッチングして2週間程度がおすすめです。それまでは、質問を盛り込んだり、相手が得意なテーマで会話したりして、距離を縮めておきましょう。

デートに誘う際には、食べ物や行きたいところの話を事前に振っておくことも大事です。たとえば、好きな食べ物の話から、「おすすめのお店があるので今度行きませんか?」と誘えば、相手に違和感を抱かせることなく、デートに持ち込むことができます。

Pairsのメッセージのやり取りで絶対やってはいけないこと

Pairsのメッセージのやり取りで絶対やってはいけないこと

多くの方は、初対面の異性とメッセージでやりとりする経験がないはずです。そのため、対面では当たり前に行っていることでも、メッセージではできなくなってしまう場合があります。ここではメッセージのやり取りで絶対やってはいけないことを、3点紹介します。

最初からタメ口で話さない

最初からタメ口で話をしてしまうと、相手に「馴れ馴れしいな」と思われてしまいます。Pairsは真面目な婚活アプリですので、「馴れ馴れしいな」と思われてしまうと、相手がこちらに対して興味を持ってくれていたとしても、連絡が途絶えてしまう可能性があります。

メッセージは文章でしかこちらの気持ちを伝えられません。メッセージで会話する際は、対面で話をする以上に、相手に敬意を払いましょう。

いきなり連絡先を聞かない

マッチングしてすぐに連絡先を聞いてしまうと、相手に「体目当てだな」「業者だな」と勘違いされてしまう恐れがあります。とくに女性は警戒心が強いため、一度そう思われてしまうと、挽回することは難しいでしょう。

連絡先を聞きたい場合は、「なぜ連絡先を聞く必要があるのか?」を説明し、かならず自分のほうから教えましょう。また、十分に相手と会話をし、仲を深めた上で、連絡先を交換するようにしてください。

相手の嫌がる話はしない

相手が嫌がるような話は、絶対にしないでおきましょう。メッセージでの会話は、対面での会話と違い、相手の表情や動きを確認することができません。

そのため、こちらの発言に対して相手がどう思っているかをうかがい知ることは、非常に困難です。言葉遣いや話題選びは、慎重に考えましょう。

とくに発生しがちなミスは、前の恋人について執拗に聞いてしまうというもの。なぜ別れたのか、どういう人だったのかは気になるところですが、プライベートな部分でもあるため、質問することは控えておきましょう。

おすすめのメッセージ例、返信例

おすすめのメッセージ例、返信例

最後に、おすすめのメッセージ例と返信例を紹介します。まずは、初回のメッセージ例です。

◯◯さん、はじめまして。
△△と申します。
32歳で、金融の仕事をしています。

プロフィールを読んで、素敵な人だなと思ったのでメッセージを送ってみました!
僕も◯◯さんと同じで、旅行が好きです。(※相手が旅行好きだった場合)
去年は広島、京都、愛知等に行きました。特に広島が良かったです。◯◯さんは行ったことありますか?

メッセージでいろいろお話できたらな、と思います。
よろしくお願いします。

相手が名前を設定している場合は、かならず冒頭や文中に入れましょう。そうすることで、親密感を上げることができます。

また、初回のメッセージから質問を盛り込んでいきましょう。相手との共通点を見つけつつ、質問につなげていくのがおすすめのやり方です。

次に、返信例です。

お返事ありがとうございます!
◯◯さんも広島に行ったことがあるんですね。素敵なところですよね!
僕は、今年は九州のほうに行ってみたいと考えています。

もしよかったら、年齢も近いですし、タメ口で話しませんか?

このような形で、2つの会話を同時並行させるのも効果的です。タメ口で話をしたい場合は、かならず相手から許可を取りましょう。Pairsは婚活アプリとして使っている真面目な方が多いため、いきなりタメ口で話す方法はおすすめできません。

まとめ

まとめ

Pairsでは、メッセージを続かせることが非常に重要です。とくにPairsは会員数が多いため、相手は自分以外にもたくさんの方とメッセージをしています。

その中で自分を目立たせるためには、コツを理解し、注意点を守ることが大事でしょう。

ある程度メッセージを交換できたら、デートに誘うことも忘れないようにしてください。メッセージが続くということは仲を深められている証拠なので、きっと素敵なデートができるでしょう。

・関連ページ >>ペアーズの口コミから紐解く 恋活で絶対勝利するためのポイント




ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>


関連記事