その他の出会い

相席屋はひとりでも入れる?参加できる店舗と一人でモテるための方法まとめ

相席屋はひとりでも入れる?参加できる店舗と一人でモテるための方法まとめ

相席屋はひとりでも入れるのか調査したところ、おひとりさまNG店舗の割合はそこまで多くありません。相席サービスでひとり参加可能な店舗を解説します。

相席屋はひとりでも入れるのか?

相席屋はひとりでも入れるのか?

「相席屋で素敵な出会いが欲しい!」しかし、実際には一緒に行く友人がいない場合もあるかもしれません。相席屋はひとりでも行けるものなのか、見ていきましょう。

基本的には2名以上から

基本的には相席屋に男性ひとりで行くことは原則不可能です。理由としては「女性のひとり客がいない」こと。男性ひとりに対して複数の女性を付けたとしても、女性側も決して嬉しくはないでしょう。

またひとり客は、お店側からしてもテーブルあたりの利益が少なくなってしまいます。ビジネスとして見たときに、グループ客を取り込むことが大きな収益に繋がるのです。

このような理由から、基本的には2名以上からが原則となります。

中にはひとりでも行ける相席サービスもある

「相席屋」は原則2名以上ですが、ひとりでも行ける相席サービスも出始めています。

「相席ラウンジ」と呼ばれるサービスは、ひとりで来店した場合でも、浮かないようにバーカウンターが用意されています。

1時間で4000円以上掛かりますが、インテリアに高級感が漂います。非日常体験の中で、素敵な出会いを求めるにはおすすめと言えるでしょう。

相席サービスで理想の出会いを掴む8つのポイントを徹底解説!

相席サービスで理想の出会いを掴む8つのポイントを徹底解説!

相席サービスは、決して安く利用出来るサービスではありません。何故なら、前述したように、1時間4000円の金銭コストが掛かる上に、確実に素敵な出会いを掴めるとは限らないからです。

この項目では、相席サービスで素敵な出会いにつなげる為のテクニックをいくつか紹介します。

ペア同士で共通の合図を作る

相席屋では、基本的に男女2人ずつの計4名で進行するのがスタンダード。その為、男性同士が「誰に興味があるのか」という情報を共有する合図を作ることで、ズムーズなコミュニケーションを作れます。

例えば、相席サービスに参加する前に、「興味のある女性が居たら、その人に向けて携帯を向けて置く」などの合図を決めると、もうひとりの男性がサポート役に回ることも可能になるのです。

会話のテクニックなどを考える前に、円滑なコミュニケーションを取れる体制にこだわってみましょう。

お酒が空いたら積極的に注いであげる

相席屋はドリンク飲み放題の時間制を採用している場合がほとんど。また、ドリンクも基本的にはセルフサービスになっていることが多いのです。

その為、女の子のドリンクが空いた場合は、すぐに声を掛けましょう。

新しいドリンク注ごうか?

「飲みたいドリンクがあれば持ってくるよ!」

こんな感じでOK。

もし女の子に断られて「いえいえ!大丈夫です!自分で持って行きます」などと言われても、それが心から出ている言葉かを見分ける材料が増えます。

ちょっとした気遣いから、相手がどんな反応をするのかをチェックするのも、ポイントと言えるでしょう。

相手の名前を呼ぶことで距離感を詰める

会話の中に、相手の名前を入れることは大きな効果を得られます。

例えば、「仕事は何をしているの?」と、主語がない質問をするよりも「えりちゃんは仕事は何をしているの?」と話す方が相手に親近感を持って貰えます。

相席屋での会話には時間制限があります。出来る限り、親近感を感じて貰う話し方を意識しましょう。

全体の清潔感を保つ

どんなに容姿がイケメンでも、顔が脂っぽい、髪の毛がボサボサ、服装が汚いなどで評価を大きく落とす人は多いです。会話のテクニックを研究する前に、事前にシャワーを浴びたり、髪を整髪料を使って整えたり、スーツを着る場合もシワをなくすことを徹底しましょう。

清潔感は、多くの女性が気にするポイント。1971年に心理学者のアルバート・メラビアンが提唱した「メラビアンの法則」では、話し手が聞き手に与える影響力の割合は、視覚情報が55%、聴覚情報が38%、言語情報が7%と視覚情報は大きな意味を持つのです。

このような点も踏まえて、初めて女性と会う前には清潔感を意識しましょう。

会話の比率は男性2:女性8を意識する

女性は、「話を聞いて貰いたい」という特性があります。その為、男性側としては多くを喋ることをせず、話し相手の女性から会話を引き出してあげましょう。

男性:
まりちゃんは休日は何をしてるの?

女性:
休日は山登りすることが多いかな!

男性:
へー!僕も山登りしたことある!どんな山に登ったの?

女性:
富士山は会社の同僚と一緒に登った!大変だったー!

男性:
そうだよねー!どのコースを使って登ったの?確かコースがいくつかあるよね?

このような形で、基本的には女性の話を掘り下げていくトークを意識しましょう。

30分で見切りを付ける潔さも大切

「イマイチ会話が盛り上がらない…」「自分の好きなタイプじゃない…」男性側も、相席する女性を見た瞬間に判断するはず。

相席屋で押さえておくべきことは、相手の女性側が恋愛目的ではなく、タダ飯目的で利用する場合もあるのです。

このような点から、もし恋愛に移行する見込みがない場合は、見切りを付けて切り上げることも大切。この潔さが、相席屋利用の出費を最小限にする為に必要です。

相席屋以降もお金を使う覚悟を持つ

相席屋での目的は「いかに短い時間で女の子を連れ出せるか」が大切。理由としては、相席屋は時間制飲み放題を採用していることで、長居するほと高額になる仕組みだからです。

そこで心得ておきたいのは、出来る限り短時間で相席屋から女の子を連れ出して、その後、2次会やカラオケ、ホテルなどにもお金を掛ける必要があります。

相席屋の費用だけではなく、相席屋の後の費用も掛かることを頭に入れておきましょう。

女の子を連れ出す時は、短い時間であることを押す

相席屋での会話は盛り上がったのに、実際に女の子を連れ出すことが下手な人は多いです。基本的には次のお店に行くことを誘うと、大体断られるのです。

しかし、「1時間だけ」「30分だけ」という言葉を追加することでOKが貰える確率が格段に上昇します。

  • 「1時間だけカラオケに行こう」
  • 「30分だけ別の店で飲まない?」

短い時間を入れ込んだ誘いを上手に使いましょう。

ひとりでも利用出来る相席サービス一覧

ひとりでも利用出来る相席サービス一覧

前段で話した通り、相席屋はひとりで行くことが出来ません。

しかし、ここ数年で相席サービスもニーズに合わせて多様化。ひとりでも参加可能なサービスは増加しています。

この項目では、ひとりでも参加可能な相席サービスを詳しくご紹介します。

ORIENTAL LOUNGE(オリエンタルラウンジ)

全国の主要都市に続々とオープンしている相席ラウンジサービス。基本的な雰囲気は、おしゃれなラウンジバーでひとりでも気軽に参加出来ます。

その他にも、カラオケやダーツも完備されており、気に入った女の子と遊ぶのもOK。ラグジュアリーであることから値段は通常の相席屋より高め。年齢層は通常の相席屋よりも高めと言えるでしょう。

「周りの友人が全員結婚して一緒に行ける人がいない」そんな方におすすめです。

ORIENTAL LOUNGE(オリエンタルラウンジ)

■料金
女性:チャージ、飲み放題0円
男性:チャージ500円(アプリインストールで無料)、飲み放題単独10分200円

※エリアA (札幌/静岡/梅田/難波/心斎橋/広島/小倉/福岡/熊本/宮崎/鹿児島/沖縄)
飲み放題相席10分(平日)500円、飲み放題相席10分(金・土・祝前日)600円

※エリアB(仙台/新宿/渋谷/町田/名古屋/京都/神戸)
飲み放題相席10分(平日)600円、飲み放題相席10分(金・土・祝前日)700円

JIS(ジス)

札幌から始まった相席ラウンジサービスであり、近年は急速に勢いを付けています。

大きな特徴は、建築・インテリア設計などの事業をメインで手掛ける会社が経営しており、インテリアデザイン界のオスカー賞とも呼ばれるベストデザイナー賞も受賞。圧倒的にオシャレな内装が特徴です。

JISもORIENTAL LOUNGE同様にバーのような作りであり、カウンター席などはひとりでも気にせず座ることが可能。注文なども全てiPadで完結出来るために、楽しい会話を中断することもありません。

料金もORIENTAL LOUNGEと比較してもお得ですが、店舗が少ない点が弱点です。

JISグループ 公式HP

■料金
女性:チャージ、飲み放題全て無料
男性:チャージ500円、飲み放題単独10分200円、飲み放題相席(平日)10分500円、飲み放題相席(金・土・祝日前のみ)10分600円

ひとりの相席サービスは費用が高め!出会い系サイトを使う方が出費を抑えられる!

ひとりの相席サービスは費用が高め!出会い系サイトを使う方が出費を抑えられる!

基本的には2名以上の相席屋ですが、ひとりでも入れる「相席サービス」も近年、増えてきました。

問題は料金がそれなりにかかることとこちらの好みの女性を選ぶことが難しいこと。

相席屋を利用しながら出会い系サイトやアプリを並行して使うのが効果的。出会い系で2人デートを狙いながら、女の子がつかまらない日は相席屋で暇をつぶす




ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>